きょうあめ

今日は雨だが、それは明日やむかもしれない。

ブログは定期更新すべき3つの理由

f:id:nunkoro01:20180218192155j:image

 

 

ブログは定期更新すべき3つの理由

こんにちわん!ぬんです!

 

ブログを始めてたぶん4か月くらい経っているのですが、そのうち2か月はブログの更新を全くせずに放置状態でした。

 

そして、つい最近またブログの更新を始めました。

 

そんな中で、ブログを定期的に更新していたときと、現在ではブログを更新した後の反響が全違うことに気づきました。

 

正直なところを言うと、反応が薄くなっているということ。

 

もちろんそんな状態でも読んでくださる読者の皆様がいて本当に感謝しています。

というか、この記事を読んでくれているということはいつも読んでくださる皆様に違いありませんね!ありがとうございます!

 

スターをつけてくれたり、ときにははてブをつけてくれたりというのは、とてもありがたいです。

 

それで本題に戻りますと、

ブログを定期更新していたころにはだんだんといつも読んでくださる読者の方が増えていき、ブログを更新するとその直後から反応が返ってきたのですが、それが少なくなってしまったなという感じがしています。

 

なので、いまブログを書いている方は、できるだけ定期更新してほしいなと思います。

少なくとも僕のように2か月間もブランクが空かないようにしてほしいですね。

 

そうなると、一番の楽しみともいえる積み上げてきたブログ記事に対する反応がまた一から積み上げていかなければなりません。

 

今回は、ブログを定期更新しなくなった僕に、具体的にどういったことが起こったかを「ブログは定期更新すべき3つの理由」としてご紹介します。

 

1.読者、ファンの獲得

 

ブログを定期更新していくと、いつも読んでくださる読者やファンが獲得できます。

 

これは考えてみれば当たり前で、定期的に更新のあるブログとそうでないブログのどちらのファンになるのかといえば、定期的に更新のあるブログのファンになることは誰が答えてもそうなることでしょう。

 

僕のブログでもかつては毎日もしくは2日に1回の更新をしていたときは、記事を投稿した直後からスターをつけてくれる方がいたり、はてブをつけてくれる方がいたりと、とても反響が楽しかったです。

 

それが二か月もブランクが空いてしまうと、その反応も薄くなってしまいました。もったいない!

 

 

2.はてなブックマークがつきやすくなる

 

1番に関連しているのですが、ブログを定期更新していると、はてブがつきやすくなり、新着エントリーに入りやすくなります。

 

記事を投稿してから素早い反応があって、短時間ではてブが多くつくと、その記事がはてなブックマークの新着エントリーに入ることができます。

 

すると、そこから多くの読者の流入を見込めることができます。

 

ポイントは、はてブが短時間で多くつくこと。

定期更新していないブログでは、なかなか素早い反応を得にくいので新着エントリーに入りにくくなります。

 

一方、定期更新していて、特に記事の投稿時間を決めている方はグッドだと思います。

 

3.ブログを安定して成長させることができる

 

3つ目は、ブログを安定して成長させることができます。

 

ブログというのは、記事を積み重ねていってなんぼの世界なので、定期更新をストップするということはそこでブログの成長が止まってしまうということになります。(当たり前すぎますね)

 

どのサイトや書籍を読んでも、「3か月かけて100記事は書こう」という文面が出てきます。

 

例えば毎日の定期更新してけば、3か月で100記事書くことができ、そこからブログの本当の楽しさを知ることができるのです。

 

なので、できる限り100記事書き終えるまではブログを放置しないで定期更新を心がけていくべきだと思います。(ブーメラン)

 

このブログではまだ全然100記事に届いていません。これから頑張って結果が出なくても100記事には到達したいと思います。

 

まとめ

 

以上が、ブログは定期更新すべき3つの理由でした。

 

どれもこれも当たり前のことなのかもしれませんが、ブログの更新の手が止まっているという方がいれば、無理がなければぜひ近いうちにブログの更新をしてみてほしいなと思います。

 

いつもあると思っていたブログへの反応が、時間がたちすぎるとなくなってしまうということも往々にしてありますので、今ある反響を大切にしてほしいなと思います。

 

この記事はこれでおわりです!

この記事に共感してくれた方は、記事下のシェアするボタンをポチッと。

このブログの更新情報を受け取りたい方は、TwitterFeedlyのフォローボタンを。

はてなアカウントをお持ちの方は読者登録をぜひお願い致します。