「研究室つらい!大学院辞めたい!」その前にあなたがすべきこと

f:id:nunkoro01:20180207141200p:plain

 

研究室つらい!大学院やめたい!

 

こんにちわん!ぬんです!

 

この記事を読んでいるということは、大学院の研究室が辛くて逃げ出したい人が多いことでしょう。

 

僕もそんな一人です。

 

体調を崩して、休学して研究室に行けなくなってから、元の研究室に戻ることに非常に臆病になっています。

「同じ環境に戻ったらまた体調が悪化するのではないか」

とかそういうことを考えてしまいます。

 

僕がかかった病気は治るまでに非常に時間がかかる病気なので、

もういっそのことストレスをなくすために大学院を辞めてしまいたいと思うこともあります。

 

でも、そんなときは同時に冷静になって物事をできるだけ客観視するようにしています。

 

そして、僕の場合はこれまでの間、大学院を辞めずにいることができています。

 

「辞めないことが正義」だとは思いません。

 

ただ、その場の感情に左右されて人生に関わる判断をするのは良くないと思ったことから、この記事を書いています。

 

研究室が辛くて辞めたいという人は、以下のことを考えてからでも辞めるのは遅くありません。

 

自分の中でそれができるかどうか、じっくり考えてから判断してほしいです。

 

研究室を移動できないか考える。

f:id:nunkoro01:20180211194442j:image

 

研究室が辛くて辞めたい人、

 

特に研究室の人間関係や教授や指導員との反りが合わない

拘束時間が長すぎる

休みが全然取れない

 

そういった人については、まず研究室を変わることを考えることをおすすめします。

 

僕も上に挙げたようなラボにいるので、真っ先に研究室を変わることを考えました。

 

研究室を移動するなんて、そんなことできるの?

 

と思うかもしれませんが、こちらが学生である以上研究室を変わることは可能です。

 

詳しくはこの記事で解説しています

www.nunkoro.com

 

 

 

 

その研究室で耐えられるかを考える。

f:id:nunkoro01:20180211194506j:image

 

研究室移動することが一番の解決策だと思うのですが、それもなんだかやりずらい場合、その研究室で本当に残りの年数耐えられるかどうか考えてみてください。

 

この記事にたどり着いていることから考えても、なかなか耐え難い状況にいるのではないでしょうか。

 

もし、

様々なことを考慮して耐えることができる!

とあなたが思ったとしても、

そのストレスから突然病気になってしまうリスクがあることも考えておかなければなりません。

 

このことから、僕は耐えるという選択肢はあまりおすすめできません。

 

大学、大学院をやめる?

f:id:nunkoro01:20180211194516j:image 

 

最終手段として残されているのが、大学、大学院をやめるということです。

 

これはなかなか思い切りが必要な手段ですが、病気になるよりは全然ましですし、おかしなパワハラ教授の元でいることを正義であるなんてことは決してありません。

 

 

ベストセラーにもなった「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)にも書いてありましたが、社会の常識が通じない人間は世の中に存在します。

 

個々人の常識はさまざまであり、それがたまたま入った研究室の教授の常識に縛られる必要はまったくないということです。

 

死んでしまいたいと考えるくらいだったら、絶対に研究室を変わるか、大学や大学院を辞めるかの選択肢をとってください。

 

でも、大学院をやめたら就職できない、、、

 

と考える人は多くいるとは思います。

 

それでも死ぬよりましです。

 

しかも、最近は大学や大学院中退者向けの就職支援サービスも充実しています。

 

どこの企業を利用しても就職の斡旋からさまざまなサポートまですべて無料で手助けしてくれます。

 

本当に

「大学や大学院をやめて就職したい」

と思っている人は、いくつかの就職支援企業に相談してみて

「自分の状況でも就職できそうだ!」

と自信をつけてから、研究室をやめるということをすると良いと思います。

 

以下におすすめの就職支援サイトをご紹介しておきます。

 

ウズキャリ既卒

 

ウズキャリ既卒とは、大学や大学院を中退してしまったり、卒業はしたもののそのまま就職せずに既卒になってしまった人専用の就職支援サイトです。

 

キャリアカウンセリングから面接対策まで20時間近く就活サポートをしてくれます。どこよりも丁寧にサポートしてくれると有名です。

 

内定率も83%、就職後の3年後定着率も92%とかなり高い数字を保っています。(新卒の定着率は70%程度)

 

大学や大学院を辞めたいと思っている人は、一度ウズキャリに相談してみて自分にはどのような求人があるのか、などを予め知っておくとよいと思います。

 

ウズキャリ既卒の公式サイトはこちら

 

ぜひ参考にしてみてください!

 

関連記事

www.nunkoro.com

www.nunkoro.com

 

 

この記事はこれでおわりです!

この記事に共感してくれた方は、記事下のシェアするボタンをポチッと。

このブログの更新情報を受け取りたい方は、TwitterFeedlyのフォローボタンを。

はてなアカウントをお持ちの方は読者登録をぜひお願い致します。